縁結びの神様の下で​誓う

由緒正しい神前結婚式

「ここで結婚式をすると幸せになれる」

千百年の歴史を刻む

浜松八幡宮の神前式

参進の儀では雅楽が鳴り響く中、

神職、巫女に先導され参道を進みます

気持ちを厳粛に整えるために

本殿での挙式をしっかりと感じるために行う

大切な儀式です

参進の儀

三三九度は大きさの違う3つの盃を使用します

それぞれの盃には意味があります
小さい盃は過去を意味するもの。先祖に向けた新郎新婦の巡り合わせの感謝の意味

中くらいの盃は現在を意味するもの

二人で末永く力を合わせて生きていく意味

大きい盃は未来を意味するもの

両家の安泰と子孫繁栄の意味

また、人、天、大地を現しているともいわれています

3回に分けて飲むことにも意味があり、

一口目は神へ、二口目は家族へ、三口目はゲストへの感謝と誓いが込められています

三々九度の盃

樹齢1200年の神木、雲立の楠。

千年の長きにわたり、浜松八幡宮を訪れてきた人々を見守ってきました。

常緑樹である楠は、いつ訪れても緑の葉を絶やすことなく大切な日を美しく彩る。

そしてその後もずっと、お二人を見守り続けます。

雲立の楠

​close​